川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正が適応できない場合の矯正法

マウスピース矯正というと、透明で目立ちにくく、治療に伴う痛みも少ないという点で、ワイヤー矯正よりもメリットの多い矯正法といえますが、川越の矯正歯科では適応できないケースもあります。

つまり、マウスピース矯正というのは決して万能な矯正法ではなく、ワイヤー矯正よりも適応範囲が狭いという欠点があるものの、川越の矯正歯科で受ける価値は十分あるといえます。

そこで川越の矯正歯科では、マウスピース矯正を希望して来院された方に、この治療法のデメリットについてもきちんとお伝えするようにしておりますし、適応できない場合はその他の矯正法をおすすめしております。

例えば、たくさんの歯を抜かなければ歯を移動するスペースを確保できないようなケースでは、川越の矯正歯科でもマウスピース矯正はあまりおすすめできないということを患者さまにお伝えしております。

あるいは今頃、川越の矯正歯科でも採り入れているクリニックが増大したマウスピース矯正もありますね。

一方、外科矯正は、こういったスタンダードな矯正法では対処できない患者さんに反対に行われます。

▽外科矯正は保険が適用されるの!?

本当は、外科矯正は保険が適用される事例があります。

川越の矯正歯科でも、この外科矯正を行う必須がある患者さんが来院されている事でしょう。

一般的な矯正治療は、歯にブラケットとワイヤーを取りつけて歯を動かします。

そうして、顎の骨の大きさや形自体に手を加える事で、歯並びを劇的に良くする事ができるとなるのです。

▽外科矯正ってなに?

矯正治療には、外科矯正というものも影響しています。

これは川越の矯正歯科で外科矯正を受けた事例にも言えます。

何でもそうですが、土台に問題があると、その土台自体を直さなければ、根本的には良くなりませんよね。

このケース、単に歯をワイヤーによって動かしても、あるべき姿的な治療結果を得る事ができません。

▽外科矯正が適用される患者さんとは具体的には、顎の骨の形や大きさなどがきっかけで、歯並びが悪くなっている事例に、外科矯正が適用されます。

▽スタンダードな矯正法では対処できない時

川越の矯正歯科でも行われる外科矯正とは、一般的な矯正治療とちょっと異なります。

▽外科矯正では何をするの?

外科矯正では、大抵、顎の骨を切ったり、削ったり、あるいは置き換えしたりするなどの処置を施します。

こういった矯正治療がスタンダードと言えます。

普通、矯正治療では保険が適用されませんので、そのようなニュアンスでは、外科矯正に大きな良いところがあると言えます。

つまり、外科的に処置しなければ、歯並びを矯正できない時ですね。

とどのつまり、顎の骨を切ってまで治さないといけない歯列不正は、その人の健康自体に大きな悪影響を及ぼしているケースがあるので、保険が適用され得るのです。

理由を言えば、歯が埋まっている顎の骨自体に問題があるからです。

川越の矯正歯科に来院される患者さんの部分には、こうした場合が見受けられます。

外科矯正と聞くと、何だか怖いフィーリングを受けますが、実のところはどういった処置が施されるのでしょうか。

かなり大規模な手術となりますが、川越の矯正歯科でも行っているクリニックはあります。

しかし、外科矯正が適用される症例というのは、かなり限定しれているとお考慮しください。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.