川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正が受けられないケースとは?

マウスピース矯正は、非常に優れた歯列矯正の方法で、川越の矯正歯科でも導入しているスタンダードな治療法ですが、必ずしもすべての患者さんに適応できるというわけではなく、川越にお住いの方でも、歯並びの状態によってはマウスピース矯正を実施できないこともあります。

ですから、マウスピース矯正を希望されて川越の矯正歯科にご来院いただいた場合でも、カウンセリングや事前の診査、診断の結果によってはワイヤー矯正の方が適しているという場合も珍しくなく、それがどういった理由なのかは川越の矯正医がわかりやすく説明させていただくことになります。

マウスピース矯正は、透明な樹脂で作られたマウスピースをお口の装着して歯並びの矯正を行う方法なので、一見すると誰でも受けられそうなものですが、どちらかというとワイヤー矯正の方がいろいろな症例に対応でき、川越の矯正歯科でも行っているマウスピース矯正は比較的適応範囲が狭いといえます。

というのも、ワイヤー矯正はひとつひとつの歯に対して、ブラケットと呼ばれる矯正装置を接着して、乱れた歯並びを正しい位置へと動かす矯正法ですが、マウスピースは歯列全体に被せる矯正装置であるため、川越の矯正歯科でも対応しているような大きな歯列不正や不正咬合に対しては適応できないこともあるのです。

ではなぜ、マウスピース矯正はこんなにも大注目があるのでしょうか。

そのような観点から、川越の矯正歯科に訪れる患者さんも、ワイヤー矯正ではなく、マウスピース矯正をお願いされる方がいらっしゃるのです。

そうした患者さんには、マウスピース矯正がうってつけであると言えるでしょう。

▽マウスピース矯正は誰にでも適用される?

最初に、マウスピース矯正が万能であると誤解されている方がいらっしゃいます。

ですので、著しい歯列不正などには、マウスピース矯正は行えません。

その決断は、川越の矯正歯科の先生方がしてくれるかと考えます。

ただ、そうした中で、マウスピース矯正に対する誤解を抱いている人も少なくないようですね。

ですので、川越の矯正歯科でマウスピース矯正を受ける事をお考慮しの方は、最初に歯列のステータスがどのような感じなのかを診てもらいましょう。

問題があった事例は、なお違ったテクニックで、歯並びを矯正していく事を腹積もりた方が良いかもしれません。

川越の矯正歯科にも、定期的患者さんが来院されているようですね。

そう考慮すると、今までのワイヤー矯正がかなり骨が折れるな矯正法に思えてきますよね。

具体的には、マウスピース矯正が適用される歯並びというのは、ワイヤー矯正と比較して、かなり限定されてしまいます。

実のところ、川越の矯正歯科には、アダルトになってから「なんとなくあと一歩歯並びを良くやりたい」と要望される患者さんが数多くいらっしゃいます。

もしも問題がなければ、マウスピース矯正で歯並びを矯正していく事が可能なかと考えます。

けれども、ワイヤー矯正とマウスピース矯正では、適用可能な症例がかなり異なる事を知っておいてください。

マウスピース矯正は、マウスピースをお口の中に装着するだけで、毎日、ちょっとずつ歯並びが改善していきます。

▽大人になってからでも行えるマウスピース矯正

マウスピース矯正のもち味としては、透明な樹脂性のマウスピースを用いるため、矯正している事がわかりにくいという強みがあります。

その上、アダルトになってからでも矯正可能なので、成人矯正に活用される方が多々あるようです。

一方、ワイヤー矯正であれば、矯正装置をたくさんと取り合わせする事が可能なため、一応、如何なる症例にも応対する事ができるです。

▽マウスピース矯正が大人気!

このところは、マウスピース矯正をする方が急速に増加してきています。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.