川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

マウスピース矯正が優れている点とは

川越の矯正歯科ではワイヤー矯正以外にもマウスピース矯正も行っており、成長期を終えて成人された方でもマウスピース矯正によって歯並びの改善を果たされる方がたくさんいらっしゃいます。

社会人になってからだと、やはり川越の矯正歯科でワイヤー矯正を数年間受けるのはなかなか難しい面もあるため、審美性に優れ、周囲に矯正治療を受けていることが気付かれにくいマウスピース矯正の人気が高まる理由もよくわかります。

そこで気になるのがマウスピース矯正が優れている点と劣っている点であり、川越の矯正歯科でこれからマウスピース矯正を受けようか検討されている方はそのどちらも事前に知りたいことかと思いますので、今回はそうしたマウスピース矯正のポイントを詳しく解説します。

さて、マウスピース矯正はもはやワイヤー矯正と同じくらい有名な矯正法になりつつありますが、歯の動かし方というのはワイヤー矯正と比べると大きな違いがあり、川越の矯正歯科でカウンセリングを受ける患者さまにもそのメカニズムの違いからご説明するようにしております。

つまり、わずかずつではありますが、歯を目指す形の位置へと微すり合わせしながら動かす事ができます。

あるいは、治療後の「後戻り」という現象を念頭に置いた時はわずか話が変わってきます。

けれども、ここで配慮しなければならないのは、最終的な治療の成果です。

それは、歯列総体が適切な形でその性能を営めるよう、歯を動かすという事です。

これと全く同じ事が歯並びにもいえます。

ですから、強い力で強引に1本の歯だけを動かしたとしても、それは咀嚼性能全部においては、一致を乱す要因となり得るのです。

一方、マウスピース矯正は、歯列に合ったマウスピースを作製し、それを装着する事で徐々に歯を動かしていくため、歯に必要になる矯正力はわりと弱いといえるのです。

例を挙げると、出っ歯で悩まれている方にとっては、前方に突出した前歯を一刻も早く正常な位置に戻したいわけですから、強い矯正力は大歓迎といえます。

ワイヤー矯正では、金属製のワイヤーを使用し、固定源もちゃんとと確保するため、大いに強い矯正力をかける事ができます。

訴は改善されるが歯列とのバランスがとれるか

例を挙げれば、ワイヤー矯正によって、大きく前に突き出た前歯を正常な範囲内の位置に戻したとしましょう。

ワイヤー矯正は歯をダイナミックに動かす事が可能な歯に

それに対し強い力がかけられるという事は、歯をダイナミックに動かす事が可能な事をニュアンスします。

歯列や顎関節とのバランスを踏まえながら、目指す形的な着地点へと導く事が可能なのです。

上述したような出っ歯の症例では、真っ先に大きく低下している審美性を改善する必須がありますが、治療を進める上でもうひとつ大事な点があります。

ただ、ワイヤー矯正とマウスピース矯正を対比してみると、あながちワイヤー矯正ばかりが優れているとも言い切れません。

これはデフォルトワイヤー矯正とマウスピース矯正の係りにも当てはまり、審美性の改善だけでなく、適切な咀嚼働きを取得やりたいのであれば、マウスピース矯正の方が優れているともいえるのです。

つまり、強い矯正力というのは、出っ歯や受け口といった主訴をわかりやすく改善する事はできますが、歯列や顎関節、それから骨格なども含めた周囲組織との強調を思い描くと、一概に最良のものではないともいえるのです。

的確に歯を動かすのであれば「弱い力」の方が優れている

マウスピースを使用すると、弱い矯正力で歯を動かす事となります。

これぞ「弱い力」の強みといえます。

最終的に理不尽なく噛み合う事が大事

歯の噛み合わせというのは、100分の1ミリずれるだけでも、ものを噛んだ時に不自然さが生じたり、歯列の乱れのきっかけとなったりします。

これは、歯並びの悪さを主訴に来院された患者さんにとっては、相当良いトレードマークですよね。

この時点で「出っ歯」という、患者さんの主訴は改善された事になりますが、やっぱり歯列全てとの結びつきや顎の関節運動との一致といった点では如何にでしょうか。

整理このように、矯正治療における「強い力」と「弱い力」の優劣というのは、発揮する場面によって大きく移ろいます。

歯を動かす力はどっちが強い?

ワイヤー矯正とマウスピース矯正では、前者の方が強い力で歯を動かす事ができます。

私たちの歯は1本1本が独立して働きしているわけではなく、全部で歯列を構成し、また咀嚼筋や顎の関節と強調する事で、適切な咀嚼運動を営めるようになっているのです。

実のところ、ワイヤー矯正には数多くの長所があるため、第一選択として勧める矯正医も数多くいらっしゃいます。

それくらい歯やものを噛むという行為はデリケートなのです。

弱い力で歯をあるべき姿の位置に!あまり知られていないマウスピース矯正の強み歯列矯正のメインといえば、複数ブラケット装置によるワイヤー矯正となっています。

ここでは、マウスピース矯正の方が優れていると思われる場合について、両者の異なる点を比較しながら突っ込んで紹介します。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.