川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正歯科のブログ

むし歯や歯周病と歯並びの関係

川越の矯正歯科には、マウスピース矯正などを希望して来院される方が多いですが、その際、虫歯や歯周病が発見されるケースも珍しくなく、まずはそちらの治療を優先することとなります。

あるいは、虫歯や歯周病が原因となって歯列不正が生じているケースもあり、川越の矯正歯科としてはマウスピース矯正を始める以前に、オーラルケアをしっかり行えるようにならなければなりません。

というのも、せっかく川越の矯正歯科のマウスピース矯正で歯並びがきれいになったとしても、治療中や治療後にむし歯を発症したら元も子もありませんよね。

そういう意味でも川越の矯正歯科のマウスピース矯正を開始する前には、虫歯や歯周病にかからないような健康なお口の環境を確立する必要があります。

通常、永久歯が生えてくるスペースが埋められてしまって、結果的に歯並びを悪くする事があり得ます。

それは矯正治療を受ける受けないに関わらずです。

それ故、川越の矯正歯科では、どんだけ生えかわってしまう乳歯であっても、虫歯などを放置しないよう呼びかけているかと考えます。

▽乳歯との係りを考えよう

先ほど、虫歯によって歯並びが悪くなる事があると述べました。

おっしゃる通り、虫歯ができたくらいで歯並びが悪くなっていたら、私たちの歯列はボロボロになりそうなものです。

お子様の歯は、乳歯から永久歯へと生え変わっていきます。

あるいは、乳歯の虫歯が今後生えてくるはずの永久歯にまで感染してしまって、生えてくる前からボロボロになっている事もあり得ます。

川越の矯正歯科でも、そのような解説をするクリニックがある事でしょうが、あまりピンとこない方もいらっしゃいますよね。

▽永久歯が生えそろった後も要注意

では、永久歯が総て生えそろったら、虫歯になっても歯並びに悪影響を及ぼさないかと言えば、そうではないのです。

すると、歯並びの中に空きが可能な事になります。

では具体的な解説に入ります。

印象してもらえるとわかるかと考えますが、永久歯が虫歯になって、1本なくなってしまったとしましょう。

これはだいたい、お子様のお口の中で起こるものだとお考慮しください。

それは矯正治療中においても同じです。

この時一例を挙げれば、乳歯が虫歯になって早いうちから歯がない様子ができてしまったら、如何になってしまうでしょうか。

そういう事から、美しいな歯並びを手に入れたいのであれば、真っ先に大前提として虫歯は防止しなければなりません。

意外に思われるかもしれませんが、虫歯によっても歯並びが悪くなる事があります。

ですから、川越の矯正歯科でもアナウンスしているかと考えますが、矯正治療において虫歯は天敵と言えます。

そんな訳で採り上げるのは、虫歯によって歯並びが悪くなるメカニズムについて、突き詰めて紹介していきます。

この空きを放置したり、ブリッジや入れ歯などを入れたりすると、歯並び総体に大きな影響を与える事になるのです。

ですから、小児矯正を行っている川越の矯正歯科などでは、この点について細かいところまで患者さんに伝えている事でしょう。


Warning: Use of undefined constant bloglist - assumed 'bloglist' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mcoms6/kawagoe-kyousei.com/public_html/wp-content/themes/yukineko-A/single.php on line 45


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.