川越で矯正治療をするなら最新CTを備えた川越駅近くのまつむら歯科クリニックにお任せください。分かりやすい価格で保障体制も万全です。

矯正担当医:朝霧先生インタビュー

矯正担当医に聞いてみました!

歯科医師 / 矯正担当:朝霧 志保(あさぎり しほ)

あとから「あの時やっておけばよかった」と思わないように、毎月払っていける仕組みを作ったのです。

経歴

  • 川越女子高等学校
  • 鶴見大学 歯学部卒業

矯正の月額化について(こども:月3万円、大人:月5万円、税別)

矯正治療というと、どうしても高額だというイメージがあるのですが。

そうですよね。
インターネットで見ても、玉石混交でいろいろな情報があり、費用もどこが適正なのかわからないという患者さまがとても多かったのです。
ですので、月額制にしました。
実は前からやっていたのですが、それを今回、仕組化したんですね。

お子さんは月3万円、大人は5万円(税別)というわかりやすい価格設定です。
その中で、こちらも最適な方法を提案できるので、ある意味患者さんも私たちも矯正治療に集中できるとも言えます。

最低期間とかあるのですか?

2年を最低期間としています。

頭金はなしと聞いたのですが。

はい、月額だけです。
お金がたまるのを待っていると、最適な矯正治療のタイミングを逃してしまうことがあります。
特にお子さんの場合ですが、アゴの成長期は思春期にほぼ落ち着いてしまいます。
その前のアゴが盛んに成長するタイミングに、「床矯正(しょうきょうせい」という装置を使ってさらに拡げてあげることができます。
あとから「あの時やっておけば、苦労しなかったのに・・」ということがないように、当院として出来ることは・・と考えた結果、この仕組みが生まれたのです。

こどもの矯正について

最近、矯正の器具を入れているお子さん多いなと思います。

そうですね。
歯並びがいいことの重要性・・見た目だけでなく、お子さんが大人になってからも体にいろいろな影響があるということが、ぜいぶん皆さん分かってきていらっしゃると感じます。
ですので、希望する方も多いですね。

お子さんの場合は、3つのステップということなんですが、具体的に教えて下さい。

先ほどお話しした床矯正と、マウスピース、場合によってワイヤーも使います。
まず、床矯正(しょうきょうせい:図参照)でアゴを拡げてあげます。

真ん中のネジを何ミリかずつ拡げていくことでアゴの骨が拡がるんですね。
そうすると、歯が並ぶスペースが出来て歯並びがよくなるんです。

アゴの骨が拡がるんですか?!

はい。
こどもの矯正は、歯を抜かなくても成長期のタイミングを使ってアゴを動かす(拡げる)事ができるので、非抜歯(歯を抜かないで)で出来ますよ。
頃合を見て「アソアライナー」というマウスピース矯正でしっかり並べていきます。
床矯正もマウスピースも、夜だけの装着でOKです。(8~10時間)
おうちにいてリラックスしているとき・・テレビ見ながらも使ってください。
うちにいる間だけだと楽ですよね。

大人の矯正(シニア矯正)について

大人はどんなステップで進めるのでしょうか?

大人はマウスピース矯正からスタートします。
マウスピースは、つけたり外したりできるので歯の手入れや食事の際に外せる便利ですが、その一方、ちゃんと決められた時間装着しなければ矯正が進まないという側面もあります。
あと、ワイヤー付けて「矯正していますって見た目は嫌だ」という方は、マウスピースの矯正がおすすめです。
自分で管理するのはちょっと・・という方は、逆にワイヤー向きですね。

患者サイドで、ワイヤーでもマウスピースでもどちらを選んでOKということなのでしょうか?

いいえ、症例によって異なります。
八重歯(犬歯)の矯正は、ワイヤーになることが多いですね。
あと、難しい症例は、最初からワイヤーで矯正することが多いですね。

大人はやはり、歯を抜かないとダメなんでしょうか?

大人の方も、原則歯を抜かずに矯正しています。
ただし、歯周病のリスクが高い人や、歯の移動距離が長い人は、抜歯することもあります。
歯を抜く場合があるということを、ご承知おきください。
でも当院で抜歯するのは、2割くらいで、なるべく抜かないよう矯正にしています。

50~60代の方の矯正も多いと聞いたのですが。

はい、多いです。
八重歯をずっと気にされていたけど、なかなか矯正に踏み出せなかった方が、お子さんが大きくなって自由になるお金も時間を増えて、念願の矯正治療をしたい!ということで来院されるケースが多いです。

なるほど、「今度は自分にお金と時間をかけたい」ということですね。

はい。
シニアの方は、歯周病が進んでいるケースがあるので、その場合は必要な歯は抜けないように、メンテナンスしながら進めます。
時間もやる気もあって喜んで通ってらっしゃるもの、シニアの矯正をされている方の特徴ともいえます。

アンチエイジング(若く見える)効果がありますし、笑ったときに見える歯並びがキレイになったり、歯の手入れもしやすくなるので、結構メリットはいっぱいあります。
昔、八重歯はかわいいものとして捉えられていましたが、今はそういう時代じゃないこともみなさんご存知です。
欧米では八重歯を「ドラキュラの歯」と呼びますし、歯並びがキレイなことは自己管理ができている証拠だと見なされます。

矯正について分からないこと聞きました

マウスピース矯正(アイソライナー)って、分厚いマウスピースなのですか?

いいえ、本当に透明で薄いマウスピースなので、つけていることが分かることはまずありません。
目指す歯並びに、少しずつ近づけているマウスピースを数十個入れていきます。(症例によって差があります)
当院の採用しているアソアライナーは技術がすすんで、1回の型取りで3ヵ月分のマウスピースが作れるようになりました。

矯正するのは、女性ばかりですか?

そんなことないです、男性も多いですね。
営業関係など第一印象が大事なお仕事をなさっている方などが多いです。

第一印象は0.5秒で決まるそうです。
先ほども申し上げましたが、自分の体のメンテナンスが行き届いいている=自己管理が出来る人という風にも評価されるそうですよ。

期間はどれくらいかかりますか?

こどもは、半年~6年、大人は2年くらいです。
症例によって異なります。
こどもは、歯の生えかわりがあるので、大人より期間が長いです。

そもそもですが、どうして矯正して歯が動くのでしょうか?

歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)は、固いけどスポンジ状なのです。
骨って固いというイメージがあると思うのですが、スポンジなので力を加えることで動いていくんです。
大人でも子供でも歯が動くという現象が現れるのはそのためです。

こんな例がありましたというのを教えてもらえますか?

「小顔になった」という感想をよく聞きますね。
歯並びがキレイになるとほかの効果もあるみたいです、
見た目も変ると、笑顔が増えて、髪型を変えたりオシャレにも気を使い始める方も多いですね。
そうすると、性格も明るくなるんです。

ある意味、歯の矯正で人生がプラスの方向に変わると思います。
思い立ったら早く始めたほうが良いです。

インタビュー:2018/6/19


Copyright © 川越矯正歯科情報サイト All rights reserved.